2018年06月14日更新

歯列矯正ならインビザラインがオススメ

歯並びが気になる人は矯正歯科に行って歯列矯正をすると良いです。
見た目だけの問題だけではなく、歯並びが悪いと食べ物が詰まりやすくなっていて、歯垢が溜まって虫歯や歯周病のリスクが高まります。
歯列矯正のメリットは見た目が綺麗になることなのですが、デメリットは治療期間も長くしなければならず、見た目の悪化が気になるというケースが多くて、なかなか治療ができないという人もいました。
その他のデメリットは、歯並びよってインビザラインにできないケースもあるので、事前に矯正歯科に行って、治療が可能かどうかを確認しておくと安心です。

以前は歯にワイヤーを通す方法だったので、見た目にも目立ちやすいものでコンプレックスに感じやすいものでした。
現在ではマウスピースを使って治療ができて、透明なので治療をしていることがわかりにくくなっているので、見た目にコンプレックスを感じている人にオススメの方法です。
取り外しができるのがマウスピースで、ワイヤーを使うものよりも衛生的で、外したときには洗浄ができるので、治療中の虫歯や歯周病のリスクもありません。
食事中も邪魔にならずに済み、食べ物を噛むときにも楽で、喋るときにも舌や唇を傷つけることもなく、安心して使えます。

マウスピースを使う方法は複数あるのですが、その中でもインビザラインは最新治療方法で、少しずつマウスピースを取り替えることで、歯を動かしていきます。
インビザラインは最初に歯の型を取って、その後にアメリカまでそのデータを持っていて、マウスピースを作るのです。
コンピュータでシミュレーションをしながら少しずつ形を変えてまとめてマウスピースを作るので、最初に治療を始めるまで2ヶ月程度の期間が掛かります。
一度に動かす歯の距離が少なくなっていて、痛みや違和感もあまりなく、マウスピースも0.5mmと薄くなっているので、ワイヤーをつけるものよりも楽に治療ができます。

治療中も矯正歯科に通う頻度も少なくて、2ヶ月に一度くらいのペースで通えば良いので、仕事や学校が忙しいという人にも向いている方法で、他のことにも集中ができるメリットがあるのでオススメです。
1日20時間程度付け続けて、きちんとマウスピースを付け替える必要があります。
医者に言われたことは守らないと矯正が上手くできないこともあるので、何か分からないことがあれば医者に相談して、正しいインビザラインの使う方をするのが大切です。

関連記事

このサイトの情報

歯の悩みを抱える方がその問題を放置するのはあまりお勧めできません。歯は皆さんが思っている以上に重要なものです。あるべき歯を失っている場合は入れ歯やインプラント、歯並びが悪いなら歯列矯正で治療など将来のためのケアが必要です。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード