入れ歯というものは、基本的に針金を基礎として歯ぐきの部分が作られた上に人口歯が植えられている形のものですが、入れ歯業界でも技術は進歩し、新しい入れ歯として「バルプラスト」と「ウェルデンツ」というものが出てきました。

ウェルデンツの特徴は、歯に当たる部分そのものだけで構成されていることです。
歯茎に当たる床がほとんどないため、主にブリッジ入れ歯として活躍するものです。
金属製の基礎がなく、固定するための部分も歯と同じ素材でできています。
そのため、連結する他の歯にカムフラージュすることができ、目立ちにくいというメリットを持っています。
素材は固さと弾力性を兼ね備えて、歯にフィットする感覚で付けることができます。

ウェルデンツと比べて、バルプラストは歯ぐき部分にあたる床があるタイプのものです。
ウェルデンツと同じく金属が使用されていないことが特徴です。
従来の入れ歯と同じようにピンク色の部分が多くを占めていることが多いですが、かざしてみると向こうが透けるくらい薄い作りになっていて、柔軟な素材が使用されているので、つけ心地の面では大差があります

それぞれ異なる特徴をもつウェルデンツとバルプラストですが、どちらを使用するかはほぼ自由です。
入れ歯が必要な部分が1ヵ所で、数本程度の欠けであればウェルデンツの方が良いでしょう。
バルプラストのような床が少し付け足されたものもあります。

歯がない部分が離れて複数ある場合は、ウェルデンツを複数はめるかバルプラストを使用するかの選択となります。
そこからは好みの問題となってきますが、床があるものが嫌だったり、少しでも口にはめる部分を減らしたいという人はウェルデンツを、装着の手間を省きたければ、まとめてひとつになっているバルプラストの方がおすすめです。

柔軟性があり、薄く作れることでつけ心地も良く、見た目でも気付かれにくいという大きなメリットがあるウェルデンツもバルプラストも、従来の入れ歯とは異なり、保険が適用できないというデメリットを抱えています。
作るのに大体10万円単位の費用がかかり、それを全て自己負担しなければなりません。
数年単位で使い続けるものであり、つけ心地の良さを取るか、保険適用の安さを取るかは個人の判断にかかってきます。

また、どちらも新しいタイプの入れ歯なので、作ることができる技師さんは比較的少ないです。
しっかり下調べをして、確かな技術をもった歯科医師を探しましょう。

関連記事

このサイトの情報

歯の悩みを抱える方がその問題を放置するのはあまりお勧めできません。歯は皆さんが思っている以上に重要なものです。あるべき歯を失っている場合は入れ歯やインプラント、歯並びが悪いなら歯列矯正で治療など将来のためのケアが必要です。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード